ブラックプレジデントのネタバレ感想

ブラックプレジデントのネタバレ感想!かなりおもしろいドラマ!

MENU

ブラックプレジデントとは?

 

名前からブラックな会社の社長をイメージしそうですが、全話見終わってみると異なるイメージをもつ人が多いのではないでしょうか?同時期のドラマには、「半沢直樹」で大ヒットした池井戸潤原作の「ルーズベルトゲーム」や「花咲舞が黙っていない」という2本のドラマがありました。

 

そちらの宣伝やインパクトが強くて、ブラックプレジデントを知らなかった人も多いと思いますが、この3作品を見終わったわたしの感想ではブラックプレジデントが一番おもしろかったということです。

 

期待もしていなかっただけに、ものすごくおもしろく見させていただきました。主演の沢村一樹さんの演技はもちろん、ストーリーがとてもおもしろく・毎週見るのがとても楽しみでした。

 

しかも、国仲涼子、黒木メイサ、門脇麦さんの特徴あるキャラクターがより一層このドラマをより盛り上げています。これから就職をしたり、現在社会人で悩んでる方にもおすすめのドラマです。

 

なにがあってもメゲナイで笑い飛ばす三田村の考え・行動力はとにかく素晴らしいです。実社会でも役に立つはずです。見逃した方はぜひご覧ください。

 

 

・放送時間:毎週火曜日22:00〜22:54(2014年4月8日〜6月17日)

 

ブラックプレジデントのメインキャスト

 

主人公・ヒロイン

・三田村 幸雄(沢村一樹)
このドラマの主人公で、大手企業トレスフィールズインターナショナルの創始者で社長。ワンマン経営者で、自分の考えに率直で・思ったことをズバズバ言う性格。ひょんなことから城東大学に入学する。高級タワーマンションに住んでいる模様。なぜか妹と母親が毎日訪ねてくる。

 

・秋山 杏子(黒木メイサ)
城東大学経営学部経営学科専任講師。映画サークル「アルゴノーツ」のOB。主人公の三田村と会う度に喧嘩になりやすい。初めは三田村を嫌っていたが、徐々に好感を抱くようになる?

 

トレスフィールズインターナショナル

・冴島 真理(国仲涼子)
トレスフィールズインターナショナルの有能な社長秘書。社長が大学に通うのを羨ましく思っており、ひょんなことから城東大学の秋山と交流がはじまり、プライベートでも親しくなる。

 

・明智 志郎(永井大)
トレスフィールズインターナショナルの専務、三田村社長とは創業以来の仲間。社長を良くサポートしており、会社をよりよくしようと努力する。秘書の冴島が好きな様子がうかがえる。

 

・吉岡 美紀(壇蜜)
会社の産業医。ドラマの中では秋山と冴島との交流がある。社長の心の支えとなっている模様?

 

城東大学(映画サークル「アルゴノーツ」)

・岡島 百合(門脇麦)
サークル内では映画の主演?に選ばれている。徐々に三田村の言動に惹かれていく・・・

 

・工藤 亮介(永瀬匡)
サークルの部長。将来は起業をめざしている様子。

 

・前川 健太(高田翔)
副部長。岡島のことを好きな様子。

 

・増山 圭介(澤部佑(ハライチ))
秋山の助手。秋山の命令に逆らえず、いつも言いなりに・・・

 

三田村家

・三田村 正美(青木さやか)
三田村の妹、結婚を望んでいる

 

・三田村 絹代(白川由美)
妹と一緒に、息子幸雄の高級タワーマンションに入り浸る。

 

ブラックプレジデントを見た感想。

 

最初は知り合いからおもしろいよ〜と言われてなんとなく見始めたのですが、1話目からこのドラマの虜になってしまいました。4話くらいまでは少しずつ見ていたのですが、5話あたりから一気に最終話まで見てしまいました。見るのは楽しいのですが、最終回を見終わって、楽しみが1つ減って肩を落とすような感覚です。そこまで見入ってしまいました。

 

主人公三田村の生活にもあこがれますし、秋山、冴島、岡島などの取り巻きも日々の生活を楽しくしてくれます。社長業やりながら大学に通うって、ある意味やってみたいことの1つです。

 

つまり日本の大学では理論ばかりで実践というものが欠けていると思います。しかし社会人として成功を収めている立場で大学で学ぶことで、より視野が広がる可能性もあるでしょう。

 

また大学の先生、秘書、学生、今回は三田村の恋愛対象ではなかった?かもしれませんが、一般的に恵まれた環境にいるのかもしれませんね。また人生は1回しかありませんので、成功するにせよ・失敗するにせよ、自分で決断して進んでいく必要があると思います。

 

またブラックプレジデントを見て思い出したのですが、実際のサラリーマンも終電ぎりぎりまで残業したり、上司の接待につきあわさせるケースもよくあります。

 

そういう私も終電ぎりぎりまではいきませんでしたが、毎日残業した記憶があります。

 

しかし看護師さんをみていくと、日勤があったり夜勤があったりするだけでなく、人手不足も重なってかなりの重労働だと感じます⇒看護師転職比較ランキングでその状況が分かります。